浙江清華長三角研究院

 浙江清華長三角研究院

 

■概要

 

浙江清華長三角研究院は、浙江省人民政府と清華大学がお互いの優位性を相補しながら、共同発展の精神に基づき、共同で設立した研究機構であり、企業式のマネジメントを実行する制度組織(Institutional Organization)であります。

 

■設立主旨

 

清華大学の科学技術、人材を頼り、浙江に立脚し、長江デルタ地域経済社会発展の需要に目を向け、国務院の≪長江デルタ地域区域企画≫の実施許可をきっかけに、科学技術のイノベーション、技術サービス、人材育成及び先端技術産業化事業に大いに展開し、清華大学の社会に貢献する役割を一層発揮させ、長江デルタ地域経済社会発展方式の転換を推進し、科学による発展、調和のとれた発展、先駆けた発展を実現するよう、積極的に貢献します。

 

■設立方針:

 科学技術研究を堅持し、産業発展を堅持します。

 

■発展位置づけ:

 省と学校提携の橋渡し、人材育成の揺籃、科学技術革新のプラットフォーム、成果転換の基地となることを目指します。

 

■発展モデル:

「政府・産業・学校・研究・資金・推薦紹介・応用」七位一体---北斗七星論。

 

 

■現役役員

 

   理事長:毛光烈

 常務副理事長:陳旭

 副理事長:周国輝

 副理事長:肖培生

   書      記:胡海峰

 

 

 

  院      長:王涛

  常務副院長:陳強

  副  院  長:柴永強

  副 院  長:張海戈

  副  書 記:呉云達

  副  院 長:邵向栄

  院 長 補 佐:婁景輝

 組 織 図

清華大学  |   長三角研究院   |   道紀忠華   |   業務内容  |    主な実績  |   お問い合わせ

CopyRight © 2012-2016  China Studies Think Tank All rights reserved.