清 華 大 学

 清華大学                           Tsinghua University

 

■ 名称  清華大学

 ■ 英語名  Tsinghua University (チンファ)

 ■ 所在地  北京市海淀区清華園1号

 ■ 設立  1911年

 ■ 学長  顧秉林(Gu Binglin)1970年卒業・物理学者

 ■ 教授・生徒数  専任教員583名・学生11,014名・研究者132名・職員899名が在籍

 (学部生5,208名・修士課程の学生3,573名・博士課程の学生2,233名)

 ■ 沿革

 【1911年】

前進である「清華学堂」設立・清朝時代はアメリカ留学のための予備校的位置付け

【1912年】

「清華学校」に改名

【1925年】

大学部・研究院を設立

【1928年】

「国立清華大学」に改名

【1937年】

日中戦争の戦禍から逃れるため長沙に移転。北京大学・南開大学と連合し「国立長沙臨時大学」を発足。翌38年、昆明に移転し「国立西南連合大学」に改名。

【1946年】

現所在地である北京市清華園に移転「清華大学」として再出発。文・法・理・工・農等5つの学院26学部を設置。

【1952年】

中国の大学教育体制の調整により文科系の学部を北京大学に移管。替わりに北京大学から理科系の学部の移管を受け理工系大学となる。

【1978年】

経済・管理等の文学系の学部を再設置。

【1984年】

中国の大学で初めて「大学院」を設立。以後、多岐にわたる学部等を設置。

【~現在】

理学・工学・文学・歴史学・哲学・経済学・管理学・法学・教育学・医学等、14の学院56の学部からなる中国トップクラスの総合大学。

 ■ 校訓・校風・学風  校訓 『自強不息・厚徳載物』

 (自らを向上させることを怠らず人徳を高く保ち物事を成し遂げる)

 校風 『行勝干言』 (言葉よりも行いが重要)

 学風 『 謹厳・謹勉・実務・革新』

 ■ 評価  文系・基礎理系の分野では北京大学・工学系は清華大学が最高位として認識されています。

全国人民代表大会(=日本の国会に相当)の議場。外国使節・賓客の接受の場所としても使用されます。

・北京市天安門広場の西側に所在。

・正門広場には「人民英雄記念碑」もあります。

・中華人民共和国の建国10周年を記念した「10大建築」の一つ。共産圏に多く見られる「スターリン様式」。1958年から1959年にかけて僅か10ヶ月で建造されました。

・17万平方メートルを超える床面積を有し300を超える会議場・事務室等を備えています。各会議事情には中国の各行政区にちなんだ名前がつけられているとともに各地の風土にちなんだ装飾がなされています。全国人民代表大会が開催される大会議場は10.000議席を備えています。

 

 

 

 

 

 

 

キャンパス自体が「清華園」と言う歴史的価値の高い公園に立地されています。体育館をはじめ歴史的建造物が多いです。

清華大学  |   長三角研究院   |   道紀忠華   |   業務内容  |    主な実績  |   お問い合わせ

CopyRight © 2012-2016  China Studies Think Tank All rights reserved.