道紀忠華シンクタンクの概要

 

道紀忠華シンクタンクは中央政府及び清華大学の膨大な情報・研究資源を基に背景に中国政府の国策に関する提言・アドバイスを行う、いわゆる中国政府のシンクタンクです。取り扱う業務は主には中国中央政府及び地方政府の関連で各種産業・事業の基準や法制のベースとなるコンサルタント業務(含む提言)を担当しています。具体的には国家安全・政府組織・公共サービス・資源エネルギー・環境・ハイテク・金融・都市計画・衛生・医療・食品等の多岐に亘る実績があります。

 

道紀忠華シンクタンクの経営理念は「知識は国民に奉仕する・国家に報いる」。道紀忠華シンクタンクは清華大学の人文科学と社会科学の知識の蓄積と学科の優位に頼り清華大学の自然科学と蓄積技術の強大な資源を利用し最終目的は社会のために知識を奉仕する事です。

 

道紀忠華シンクタンクは清華大学と清華ホールディングスを投資孵化した国家シンクタンクの位置付けとして哲学社会科学・人文社会科学・管理社会科学を社会のために奉仕する事を推進します。道紀忠華シンクタンクの学術の背景は中国科学院・清華大学国情研究センター・清華大学工事教育研究院・清華大学公共管理学院・経済管理学院・人文社会科学学院・法学院・新聞学院・醫学院・清華中央美術学院・建築学院・情報学院などを含めます。

 

道紀忠華シンクタンクの業務内容は国家安全・政府組織と公共サービス・資源と能源環境・中心產業・ハイテク技術「対外開放」(国際の金融・国際の組織・外国の政府・多国籍政府)などの分野を含めていて国家の転換期の国家管理・公共管理・戦略管理・公共政策・企業管理・投資と融資などの諮問サービスを提供致します。

 

道紀忠華シンクタンクは中国科学院・清華大学国情研究センターと極めて密接な協同関係があります。国情研究センターの編纂する情勢報告は特に中国の省部級以上の管吏の仕事に役立っています。また、同センターは1千回以上、情勢報告を編纂し、国家の指導者を得て200数回意見を添えて返答し国家の政策の50数項を推進しています。例えば国情研究センターは見事に中国の3G市場の解放を推進しました。

概  要

清華大学  |   長三角研究院   |   道紀忠華   |   業務内容  |    主な実績  |   お問い合わせ

CopyRight © 2012-2018  China Studies Think Tank All rights reserved.